†*。I'm alive。*†

Why don't you wiht a little harder...i wish you were all mine. It is only with the heart that one can see rightly what is essential is invisible to the eye.


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・:*:・RIZ―diary1―・:*:・

  1. 2007/02/10(土) 10:00:00..
  2. Diary
  3. .. コメント:0

ここまできて、今さら何を想う?

何か伝えてきたはずなのに

まだ少しも伝えきれてなくて。

誰に?あなたに?自分に?わからない。

すべて正しくて、すべて間違ってる。

どちらでもなくて、どちらでもある。

どれが正しいかじゃなくて

何も、誰にも、決められないことで

自分がどう選ぶかだってこと。

そうすることは冷たいんじゃなくて

そうすることしかできないという真実。

その中で誰かの傷を癒せただろうか。

時間ですら癒せない傷を。

こんな無力な言葉で。

たかが聞こえない唄で。

誰にも届けられない唄で。

自分すら満足に救えない自分のままで。

意味など見出せないくせに。

何を知ったふりでいる?

何も伝えられないのが空しくて?

失くしたものを埋めるためにここにいるの?

要らないから消えたんじゃないの?

何を信じられる?嘘だらけの世界で。

自分にすら すがれない生き方で。

命乞いもできないほど泣き疲れていても

誰がここに来て救い出してくれる?

形ある者はすべて、己のことに必死で

生きている間に埋められないものが

傍で待っていることに気づかずに

目の前だけを信じて滑稽に生きて逝く。

届いてるはずのその声も聞かずに。

知らない声に惑わされて、自分を見失って

一番泣いているのは誰だと思う?

何故 誰が 泣いているか、わかる?

いつも寂しいのは何故か、知るのは怖いよ

解っていても、私も同じ、明日を待つだけ。

どんな形であろうと 何ひとつ変えられなくても。

ただ哀しく唄が流れて いつの間にか消えるまで。

いつか届くように 祈るだけ。
 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

<<・:*:・荊・:*:・ .. BLOG TOP .. ・:*:・破片・:*:・>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。